健康マニアが天下統一!最強の武将「徳川家康」について解説!

sanadamaru1622

こんにちは、「ポセ」ことポセイドン鈴木であります。ポセイドン鈴木だからポセなんですよ。

さて、今まであまり自分のプロフィールとか紹介してきませんでした。
少しだけ自分のことを話しますと…実は中学校の教員を目指していたという過去があるんです。
まぁ、自分には教員たる適性がないことを自覚してきたんで、一昨年くらいに教員への道に対して見切りをつけたわけです。
ちなみに、専門教科は「社会」特に日本史なんかが得意でした。

しかしながらです。得意といっても、それは学校のテストで点数が取るのが得意ってだけなんです。
ただ、それでも教員免許を持っていますから、それなりに知識もありますし、面白い話も知ってます。
そこで、今日は大河ドラマ「真田丸」でも徐々に話の中心になりつつある「徳川家康」について解説したく思いますので、興味のある方は読んでみてください。


徳川家康が天下統一出来た理由は「◯◯」だったから!

よく、私が社会科の教員免許を持っているという話をすると

「ポセさんが思う戦国時代最強の武将って誰?」

と聞かれることがあります。
この質問に正直に答えますと「まぁ、みんなそれぞれ強かったんじゃないですか」っていう感じになります。
………こういうことばかり言っているとツマラナイ人だと思われるんで、気をつけてくださいね。
悲しいくらいにつまらない答えなんで、自分なりに戦国時代最強の武将の名前を考えてみました。
そしたら、答えが出ました、「真田丸」では関ヶ原の戦いを30秒で勝利した武将……そう徳川家康です。次点で豊臣秀吉でしょうか。
簡単な話です。天下とった武将が一番強いに決まっているんです。↓の言葉通りです。

3024s

豊臣秀吉と徳川家康っていうのは、それぞれの強みが異なります。
まぁ、諸説ありますが、豊臣秀吉という人は抜群のコミュニケーション能力といいますか、人を惹きつける才能に富んでいたんですね。
織田信長に気に入られてなければ、農民だった秀吉が天下を取るなんて可能性すら芽生えません。
豊臣秀吉の力、それは「人を惹きつける程度の能力」です。徳川家康にもこの能力は無いとはいえませんが、秀吉には敵いませんね。

一方、徳川家康はまた違った強みを持った武将だと私は思っています。
そして、それが他の武将にはない強みなんです、だから徳川家康が天下を取れたんです。

私が徳川家康が持つ他の武将にはない強みだと考えているのは「健康」です。
徳川家康が天下統一できた理由は「健康」だったからだと思っているんですよ、私は。
「健康で長生きしたから天下を取れた」これが徳川家康の最大の強みだと思います。
徳川家康って、実は「健康マニア」でして、徳川家康に関する健康エピソードはたくさんあるんです。

粗食だった

まぁ、当時の武士は粗食な人が多かったんですが、特に家康は地位に見合わない粗食っぷりで有名だったんです。
麦飯・魚・野菜の煮付け・納豆…実に質素な食生活でしたが、同時に健康的な食生活でした。
季節ハズレの食べ物や、冷たい飲み物なんかも胃腸を傷つけるから食べないなど、かなり気を使っていました。
酒も強かったみたいですが、あまり飲みすぎないように気をつけていたんですよ。
当時の人の健康感覚とは一線を画す食生活を送って、健康に配慮していたのが家康の健康法といえるでしょう。
ただ、別に食べるのが嫌いというわけではなく、好物の天ぷらでよく食中毒になっていたなんて残念なエピソードもあるんですけどね。

maiさん(@mai.gourmet)が投稿した写真

運動=健康を実践

当時の日本で「運動すれば健康になる」なんていう考えはまだ根付いていなかったんですよ。
現代日本よりは歩く機会も多いんで「運動不足」なんていう概念がまだ薄かったといえます。
そんな中、家康は「運動=健康」という概念を取り入れていたんです。
「運動をよくするとよく眠れて健康が保てる」今では当たり前のことなんですが、家康はそれを実践していたんです。凡人とは一線を画す健康志向といえるでしょう。
ちなみに、家康は鷹狩りが趣味で、鷹狩りしている方が薬に頼っているよりよっぽど健康になれる、なんて言葉も残しているんです。

Mさん(@minamina_0375)が投稿した写真

薬マニアだった

鷹狩りの方が薬より優れているなんて言っている割に、家康は薬マニアでもありました。
本物の薬師もかなわないくらい薬に関する知識を持っていて、よく自分で調合して飲んでいたんです。
今回の大河「真田丸」ではわかりませんが、昔やっていた大河「秀吉」では西村雅彦演じる家康が薬をグツグツ煮ているシーンがありましたよ。

@as_q_teaが投稿した写真

上記の画像は丸薬作り体験。富山県あたりで出来るそうですよ。

こんな感じで、徳川家康っていう武将は、健康にこだわりを持っていたんです。
健康で長寿というのは、当時、大きな強みにだったんですよ。
そりゃあ、そうです。周りの武将が全員死ねば、後は自分で天下取ればそれで天下統一ですからね。
まぁ、実際にはそんな簡単な話ではないんですが、家康は「健康で長生きする程度の能力」に秀でていたから天下統一を成し遂げたんだと、私は思っています。
もちろん、長年地道に頑張ってきた功績というのもあるんですが…その努力を支えたのが健康な身体なんじゃないでしょうか。

今後の予定?

私が、徳川家康を最強の武将と位置付けた理由は、上記でもお話ししましたように「健康で長生きしたから」ですが、もう一つ理由があります。
それは「知名度」です。長宗我部元親を知らない人はいても、徳川家康を知らない人は中々いないでしょう。
日本史を全く勉強していない人でも徳川家康の名前を知らない人は少ないです。
歴史上の人物に「強さ」があるんでしたら、「知名度」は重要なパラメーターの一つです。この知名度が高いか低いかで聖杯戦争に参加できるかが決まるんです。
知名度の高さから言っても私は「徳川家康」を最強の武将だと思うんですよね…まぁ、

さて、このブログ「俺のトレンド」というタイトルですが、参加ライターが増えてまいりました。
こうなってくると、それぞれのライターの個性があった方が面白いはずです。私のような
そこで、私はとりあえず「歴史」を語ってみることにしました。
そのうち、歴史についてまた書くかもしれません、興味のある方はまたお会いしましょう。

閲覧ありがとうございましたm(_ _)m

俺トレをシェアすると、あなたの運気が1ポイント上昇します。