シン・ゴジラ主演、石原さとみの英語力と政治家の役作りが完璧すぎる件

シン・ゴジラ

話題の映画・ドラマ・アニメが今すぐ見れるおすすめの動画配信サービス一覧はこちら♪

こんにちは、すみとです。

最近話題になっている映画『シン・ゴジラ』ですが、皆さんはもう見ましたか。

夏といえば、怪獣映画を大スクリーンで見てくるというのが一番です♪
怪獣映画や宮崎アニメを夏に見ると「ああ、夏だなー」って、幸せを感じてしまうんですよね。
なーんて、個人的な意見ですが。
30歳過ぎてるのに、困ったオトナです……^_^;

というわけで、今回はシン・ゴジラについての記事を書きます。

シン・ゴジラの感想、一言で言うと、すっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっごく良かった!!

ぼく、劇場で見たとき、不覚にも涙ぐんでしまいましたもん。

ゴジラがあまりにも恐ろしくて、あまりにも感動的だったからです。

今回のシン・ゴジラは、初代ゴジラにかなり影響されてつくられたらしく、ゴジラが原子爆弾や原子力発電所に重ねられてつくられています。
シン・ゴジラを見ているとき、常に、「ああ、ぼくって日本人なんだよな……」という意識せずにはいられませんでした。

なので、ぼくもシン・ゴジラの良さについて皆さんに伝えたいと思いました。

でも、おそらく、巷ではシン・ゴジラの感想を言っている人はたくさんいると思うし、シン・ゴジラの解説についてはぼくよりも上手にやってくれる人が他にいるでしょう。
なので、この記事では、シン・ゴジラのキャストとして話題になっている、石原さとみさんの焦点をあてて話していきますね。

ちなみに、俺のトレンドの腕利きライターまつくんが、シン・ゴジラの陰のヒロイン、尾頭ヒロミ(市川実日子)さんについて激オシしている記事はこちらです↓

【シンゴジラ】やっと見てみた!気になったのはあの出演者!!

それでは、石原さとみさんの役どころ、カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)について解説していきましょうか。


石原さとみの役どころは何と政治家(米国大統領特使)!名前はカヨコ・アン・パタースン

Photo_16-08-18-13-00-09.964
出典:シン・ゴジラのパンフレット

最近、進撃の巨人のハンジ役や失恋ショコラティエのサエコさんなど、エキセントリックだったり個性的だったりする役どころが多い石原さとみさんですが、やっぱり、今回もなかなか衝撃的な役回りです。

なんと、今回、シン・ゴジラでの石原さとみさんの役は、まさかのアメリカ人!

石原さとみさんが演じるのは、アメリカ合衆国の政治家(米国大統領特使)であり、名前はカヨコ・アン・パタースン。
カヨコ・アン・パタースンの設定は、父親がアメリカ人で、祖母は日本人。
祖母が日本人ということは、多分、クウォーターなのかな。

当然、設定がアメリカ人なので、石原さとみさん、英語を喋ります(笑)
個人的に、面白いと思ったところは、石原さとみさんのゴジラ(godzilla)の発音。

ガッジラ、と石原さとみさん、ゴジラのネイティブ発音は完璧です。
さすが、石原さとみさんです。
伊達に英会話 AEON イーオンのイメージキャラクターを務めていないですよね。

石原さとみさんの英会話 AEON イーオン仕込みの英会話術が、どれほどのものなのかは、ぜひ、実際に劇場まで足を運んだ確認してみてほしいです。

石原さとみのシン・ゴジラ出演の経緯

Photo_16-08-18-13-01-19.954 -2
出典:シン・ゴジラのパンフレット

石原さとみさんのシン・ゴジラ出演をすることになった経緯ですが、こちらはシン・ゴジラのパンフレット(すでに劇場はほとんど売り切れ状態)によれば、進撃の巨人に参加していたことが大きかったみたいですね。

なにしろ、今回のシン・ゴジラの総監督は庵野秀明さんですが、監督は進撃の巨人の樋口真嗣さんですから。
なので、進撃の巨人のスタッフの人たちと一緒に食事をしていたときに、シン・ゴジラの話をしていて、それを聞いた石原さとみさんはすごく興味を持ったみたいです。

でも、いざ、オファーがきたらアメリカ人で政治家なのだから、きっとビックリしたかと思います。

石原さとみの政治家の役作り

Photo_16-08-18-13-01-19.954 -3
出典:シン・ゴジラのパンフレット

当然、これまでの石原さとみさんは政治家を演じたことはなかったので、リサーチをたくさんしたようです。
知り合いの政治家の人から、服装や考え方についてリサーチし、大統領特使というポジションについても勉強した、とパンフレットにはあります。

リサーチをした上で、石原さとみさんはカヨコ・アン・パタースンの衣装やメイクなどのビジュアルについて提案し、それが採用されたのだとか。
なるほど、カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)のビジュアルって、なんか、政治家の女性にいるような気がします。
リサーチしただけあり、雰囲気が出ていますよね。

石原さとみのカヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)を演じた感想

Photo_16-08-18-13-01-19.954 -1
出典:シン・ゴジラのパンフレット

石原さとみさんいわく、カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)を演じることは『怖かった』そうですが、それって意外だなと思いました。
劇中のカヨコ・アン・パタースンは、かなり気が強い女性で、自信過剰という印象がありましたから。

でも、石原さとみさんは怖かった、と言っています。
やっぱり、人の内面って実際に話を聞くまで分からないものですよね。

ただ、シン・ゴジラといえば、ゴジラシリーズの最新作ですから、プレッシャーが大きいというのは納得できるような気がします。
こういう名作シリーズにオファーがくるのは名誉なことだけれど、それを演じる俳優・女優は、やっぱり、その作品に恥じることのない演技を演じ切る必要があります。
石原さとみさんは、日本アカデミー賞の主演女優賞などを取っているし、知名度や人気もすごく高い女優さんですので、今後もいろいろな話題作へのオファーがくるでしょう。

新しい映画を観るたびに、石原さとみさんの演技には驚かされるので、次に何に出演するのか楽しみですね。

話題の映画・ドラマ・アニメが今すぐ見れるおすすめの動画配信サービス一覧はこちら♪

俺トレをシェアすると、あなたの運気が1ポイント上昇します。